コロナ渦におけるストレス

コロナ渦におけるストレスについて

*一人暮らしの皆様*

長引くコロナの影響下にあって、在宅でテレワークを余儀なくされている皆様、
又、家族を支えているお母さま方、アルバイト先がなくなったり、また大学に行くこともできなくて、自宅待機の状態になっていらっしゃる学生の皆様、精神的に追い詰められていることは無いでしょうか?

初めは、通勤時間や会社の人間関係からも解放され、自宅でゆっくりと仕事に集中できる事から、案外快適に過ごせていると感じた方も多いかと思います。
しかしながら、長い事、孤独な在宅での生活が続きますと、いつの間にか人と話すことも少なくなり、限られた空間でのスペースで耐えられなくなります。もう限界だと感じてしまうかもしれません。
どうぞ、NY心理にお越しください。除菌や空気の入れ替えに気を付けておりますので、マスク着用の上ですが、安心して対面でのご相談を承っております。

*ご家庭における、日々の生活*

一人暮らしの方に限らず結婚している、ご家庭でも同じようにご苦労されていらっしゃる方も多い事でしょう。例えば妻側で言えば、テレワークで24時間、夫が家に居るのもストレスです。
3食、食事の支度や片付けに追われ、子供が学校に行けなくて勉強の面倒を見てあげなければいけないのもストレスです。普段でしたら、日中に外出してわずかでも息抜きの時間ができていたのが、増えた家事に加えて、夫の職場でのストレスを狭い家の中で肌で感じてしまうとおっしゃる方も増えています。
ストレスは、そうして蓄積された抑圧がジワリと、後になって色々な形で現れてきます。
今まで、何とか保ってきた夫婦間のトラブルやコミュニケーションのずれが、コロナ渦に、一気に顕著化してきてしまったと思われる方も多い事でしょう。
是非、最悪のシナリオに発展してしまう前にご相談ください。

ページ上部へ戻る